アガリクス アガリクス (アガリスク アガリスク茸)

アガリクス屋のトップページへ戻る

アガリクスはどれも同じではありません。

アガリクスの秘密は
自然育ちアガリクスに含まれている54種類の植物性酵素!

だから私たちは、自然育ちアガリクスにこだわっています!

アガリクス(アガリスク)茸のテスト方法と成分について

アガリクスはどれも同じではありません

販売されているアガリクスは、顆粒、タブレット、濃縮液(エキス)粉末、乾燥物、どれも一様にアガリクスです。出版されている体験例にもどういった種類を飲んだのか書いてありません。ただアガリクスを飲んだと報告しています。

しかし、濃縮液(エキス)は、製品になる工程の中で高熱で煎じて抽出しますし、顆粒、タブレットは高熱で煎じて抽出した後乾燥しアガリクスと異なる粉を少量加えて商品にするのが一般的です。粉末、乾燥物は各社各様の製法がありますから、商品の良し悪しの判別は迷うところです。そこで、どの商品のアガリクスが体に良いかを見極める簡単なテスト方法を紹介したいと思います。

テスト方法@
粉末、顆粒、タブレット、濃縮液などを飲用している場合は40度以下のぬるま湯と一緒に湯のみ茶碗に入れてかき回し、一時間以上放置して下さい。

テスト方法A
煎じたものやエキスの場合は常温で一時間以上放置して下さい。今、手元にアガリクスをお持ちでしたら、早速試してみてはいかがでしょうか?

テストしていただいたアガリクスはいかがでしたか?本物のアガリクスは成分抽出後、常温で放置すると植物性酵素の働きにより変化します。変化するということは新陳代謝の要である植物性酵素が活きている証で、本物のアガリクスとまがい物のアガリクスを見極めるポイントになります。

本物のアガリクスは、アガリクス自身がもつ酵素の働きで、自然に腐敗しだし、異臭を放つ等、変化しますからそういった変化をして腐敗しだした商品が、本物です。

変化しない商品は体内に飲み込んでも『分解』『合成』『吸収』『排泄』などの新陳代謝の要である基本的な役割を果たす植物性酵素が崩壊、絶滅していますから当然、期待できません。

くすりのような感覚で造られたアガリクスは、造る工程の中で高温熱処理を必要としますから熱に弱いビタミン、ミネラル、植物性酵素が崩壊、絶滅していますからアガリクス本来の成分を期待することはできません。中でも植物性酵素が絶滅していることは致命的です。

従って、アガリクスを購入するポイントとは、植物性酵素が崩壊、絶滅していないこととβグルカンD(1→6)の量の多さということになります。

ベータグルカンの量については100グラム当たり8グラム以上含まれているアガリクスを購入するようにし、βグルカンD(1→6)の含有量が8グラム以下の商品は購入しないように注意が必要です。

顆粒、タブレット、エキス、濃縮液などの加工品は植物性酵素、ビタミン、ミネラル、などの熱に弱い成分が高温な熱処理で崩壊、絶滅していますから購入しないようにしたいものです。大切なお金を、ドブに捨てるようなものです。

まだ、アガリクスを購入していないようであれば、ここで説明しているテスト方法を知っていると、とても重宝します。そして、このテスト方法を知ることにより、期待できないアガリクスを購入することはなくなります

このページのトップへ          アガリクス屋

アガリクスはどれも同じではありません。
結果でえらぶなら
手に入りにくい自然育ち専門 アガリクス屋
フリーダイヤルに今すぐお電話を!
0120-717-456
(9:00-21:00受付)

 送料全国無料  ||  代金引換手数料無料  ||  電話・FAX通話料無料