||自然育ちアガリクス屋||法律に基づく表記||アガリクス商品一覧・ご注文||商品一覧||お支払方法||お問合せ||

子実体と菌糸体のちがい

キノコは、「子実体」と「菌糸体」にわけられます。

キノコの上の部分、傘と太い柄からなる部分が子実体。
私たちがふだん食べたり見慣れているキノコは「子実体」の部分です。
植物では実や花に相当する部分


これに対しキノコの根っこ部分を「菌糸体」部分といいます。
普段はこの部位は食されず、捨てられています。
植物では根や種に相当する部分

菌糸体はポワポワとした白い綿(ワタ)状の繊維ようなもので、
見た目の状態はカビとほとんど変わりません。
胞子をつくる器官で、糸状の菌糸が集まってできたものです。


私たちがキノコを食べるとき、普通は「子実体=実の部分」を食べます。
「菌糸体」を食べた経験のある人はほとんどいないと思います。

アガリクスでみても菌糸体と子実体は
同じアガリクスの一部ですが、それぞれまったく同じ成分ではなく、

子実体にあって菌糸体にない成分や、
菌糸体のほうが含有量の多い成分などがあります。

しかし、一般には、子実体のほうに良い成分が多いとされています。

それぞれに含まれるアガリクスの成分としては

子実体⇒β-(1-3)-D-グルカン、β-(1-6)-D-グルカン、キシログルカンなど
菌糸体⇒グルコマンナンタンパク多糖体(ATOM)、マンナンタンパク質複合体(AB-FP)など

いろいろに加工されたアガリクス製品のなかには
子実体の部分を使用した「子実体製品」と、
菌糸体の部分を使用した「菌糸体製品」とよばれるものがあります。

菌糸体製品とは菌子体(根っこの部分)を培養した製品。

市場にアガリクスの菌糸体を原料とした商品が多いのは、
菌糸体が栽培しやすく品質管理もしやすいからです。
菌糸体はほとんどがタンクで栽培されているのです。

ですので、菌糸体製品は人工的に作られているので
自然界の豊富な成分は含んでおりません。

逆にアガリクスの子実体は良い成分の種類や量が豊富で、
それらの質が高いのが特徴です。

しかし、アガリクスの子実体でも注意が必要です。

それはなぜかというと、
アガリクス茸の歴史は古く、ブラジルのピエダーテ地方で
発見されましたが、当然、その頃のブラジルピエダーテ地方には、
現在のように濃縮液や顆粒、タブレットなどといった薬感覚で
加工された商品は一切なかったからです。


最近はアガリクス茸ブームの影で、営利だけを目的にした加工商品が
たくさん出回っています。

子実体製品でも、菌糸体製品でも加工するメリットは、
「アガリクス茸に他の成分を混ぜてアガリクスの使用量を減らせる」
「大量生産可能」

などという業者サイドのメリットがたくさんあるのですが、
商品によっては、身体に害のある化学成分を混ぜないと商品化できない
などの危険が潜んでいます。


私ども自然育ちアガリクス屋では、
「古来から伝わる方法で」
「成分量の多い自然育ちアガリクス茸のみを」
「公の分析機関の厳しい分析を受けたものだけを」
「代理店などを通さず」

お客様にまっすぐお届けしています。

私共がおすすめしている自然育ちアガリクス茸は
古代から伝わる正しい抽出方法ですので
安心してお召し上がりいただけると思います。

||自然育ちアガリクス屋||法律に基づく表記||アガリクス商品一覧・ご注文||商品一覧||お支払方法||お問合せ||

商品は、すべて天然気候採取のものです。

= ご質問はお気軽に! =

電話:0120(717)456<9:00-21:00>
FAX:0120(858)456<24時間年中無休>